2010年05月20日

『トロッコ』旅日記2

制作の軌跡、第二弾!ぴかぴか(新しい)

更新が大変遅くなり申し訳ございませんでした。
次からはすぐ更新していきますので、みなさま乞うご期待下さいませexclamation×2

2008年4月初旬 台本13稿の中国語翻訳版が上がる。
撮影のリーさんへ具体的なスケジュールの打診。世界中から飛び込んでくるオファーでリーさん自身、スケジュールのやりくりに苦慮しているという状態。「夏ならどうにかなるかも・・」と聞き、「では8月でお願い!」と即座にお願いする。かなりの見切り発車、無謀にも決めてしまった撮影スケジュールのため、超急ピッチの準備に突入。

2008年5月下旬 子役オーディションの開始。
ここから約2ヵ月間で総勢60名余りの子役たちと会う。本作の撮影は8月の一カ月間、付き添いの保護者とともに台湾に行きっぱなしになる。まずその条件を完全クリア出来る子だけに絞り込ませてもらった。それでもこれだけの子たちに会えたのは・・若いお父さんお母さんたちの熱意と勇気に頭の下がる思い。
 同時に、シーミン(注4)から改訂台本が届く。彼というフィルターを透して再構築された台本は、『トロッコ』とは何だったのか、そのエッセンスとは何かを再確認させられるものだった。改訂に次ぐ改訂の内に、却って見失いつつあった‘本来のあるべき姿’が‘あぶり出し’を火にかざした時のように、わぁっと浮き上がって来た感覚。この改訂を受けて再び監督が直しにとりかかる。
(注4) ホアン・シーミン・・台湾の脚本家。中国語台詞の監修、地元の風習を取り込むことをテーマに台本改訂に参加。

2008年6月頭 台本第14稿完成
実はこれを読んで初めて「突進だ!」と思った。もうオーディションも始まり、スタッフも動き出していたが、それでもここまでは常に「8月インが無理な場合」を考え続けていた。14稿が出て初めてすべての退路を断ち切った。
posted by トロッコスタッフ at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | スタッフ日記
この記事へのコメント
初めまして!この映画を見ていた台湾人です

「祖国」日本への無念な思いを語るお爺ちゃんの姿が感動的でした、なぜか自分も共感してしまいましたけれど。

監督さんが台湾人の心に深く隠した思いを見事に掘り出したではないかと思います。

ひとつ言いたいですが、もっと台湾語をしゃべるようにしたほうが良いじゃないかと。

良い映画でした!感動しました!どうもお疲れさまでした!
Posted by 京都巷片 at 2010年05月24日 03:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38365689

この記事へのトラックバック