2010年05月28日

『トロッコ』初日舞台挨拶レポート!

5月22日(土)にシネスイッチ銀座にて、初日舞台挨拶が行われました。ぴかぴか(新しい)
緊張した面持ちの川口監督、「トロッコ」カラーの鮮やかな緑色のドレスが素敵な母親役の尾野真千子さん、なんとも饒舌だったお兄ちゃん役の原田賢人くんexclamation客席は満席・立ち見も出る大盛況で熱気ムンムンでしたexclamation
舞台挨拶の一部をレポートします。

Z野E?H.jpg    ?vv、原n[、[Z釁EJPG.jpg

Q:本日お越し下さった方々に一言

監督:本当に今日は来て下さってありがとうございます。私の祖父が映画をよく見にきていた銀座で公開できて、とてもうれしく思います。

原田:今日は「トロッコ」にお越しいただき、ありがとうございます。この映画は、監督さん、共演者さん、スタッフに支えられて、実力以上の演技をみせることができました。

あまりに立派なご挨拶に登壇者も客席もビックリ。
思わず拍手と笑いが客席から沸きあがりました!


Q:台湾ロケ、海外での撮影について
監督:台湾人の撮影監督リー・ピンビンさんの「台湾にはトロッコが残っている」との一言で始まり行ったんですが、有名なホウ・シャオシェン監督が「俺は日本人の映画監督やスタッフには昔に世話になったから、お前のことは知らないけど応援してやる」と言ってくれたんです。日本の映画の大先輩たちとホウ・シャオシェン監督に感謝です。こういう気持ちを後輩に引き継いでいきたいなと思いました。

原田:台湾は自然がいっぱいあって良かったです。でも撮影中は、他の監督は「はい、カットです」と元気よく言うんですけど、川口監督は「はい、いいでしょう」と言って終わるので、ちょっと自分の演技がどうなのかずっと不安でした。

監督:いや〜。いいからいいと言ったんだけど、こんなこと言われると思ってもみなかった(笑)。

尾野:撮影現場は何も言葉が通じなくて最初は大変だったんですけど、身振り手振りというのは本当に通じるんだなと思いましたね(笑)相手役の人とも身振り手振りで、“こういう風にやろう”と話してましたね。



Q:熱狂的に受け入れられたムンバイ映画祭での上映について
監督:ムンバイというたくさん映画が撮られる場所で観ていただき、インドの方にもすごく喜んでいただきました。インドの方は喜怒哀楽がハッキリしていて、特に弟役の鴇に笑ったり泣いたりしていましたね。最後は拍手していただきまして、サリーの方が近づいてきて、私の孫を思い出したとか、自分のおじいちゃんを思い出したとか感想を話してくれました。また、インドはイギリスとの関係があるので、イギリスなどへの思いもあったようです。こういった全く常識や慣習の違う人たちに観てもらって、感激して下さったのは嬉しかったです。


Q母親役について
尾野:以前に子供が亡くなった母親役はありますが、目の前に子供がいるというのは初めてだったんです。初めてだったので、子供をどう扱っていいかわからなくて・・・。よく現場の前に子供とのコミュニケーションの時間を設けて頂くことがあるんですが、私は今回はしなかったんです。どうしていいかわからなくて、ただただ台本を読んで、(子供との)距離感のある母親役ということもあったので、ほっとこうと思いました(笑)。子供は子供で成長するし、私は私で成長していきたいという気持ちがありましたので、そのままの“原田賢人くん”と“尾野真千子”で台湾入りをして、そうするとなんとなく仲良くなってくるんですよ。なぜかというと、台湾のキャスト、スタッフたちと子供がつながってゆく、そうすると私も自然と仲間に入れてもらっていて、仲良くなってくる。気がつけば、いつの間にか子供との距離が縮まっていって、今は楽しい思い出しか残っていないですね。
   映画の通りに、距離がどんどん縮まっていったのかなと思います。

Q:尾野さんの母親役について
原田:会場にいるお母さんには申し訳ないんですけど、尾野真千子さんは若くてキレイで、こんなお母さんだったらいいなと思います(笑)。

尾野:いい子供ですね(笑)

尾野さん、原田くんの頭をなでなで!

Q:監督から最後に一言

監督:日本の社会がすごく閉塞的な社会になっていて、元気づけたいと思っています。歯を食いしばって誰のせいにもしないで生きている親御さんとか、子育てに一生懸命頑張っていらっしゃる女性の方たちとかを応援したいという気持ちで、この映画を撮りました。一人でも多くの人に見てもらいたいと思います。今日はどうもありがとうございました。

posted by トロッコスタッフ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記

『トロッコ』旅日記4

ぴかぴか(新しい)いよいよ、終盤に差し掛かってまいりました、
映画制作の軌跡、第4段exclamation×2

2008年8月3日 クランクイン 
「東京のマンション」を台北市内にて撮影

8月4日「台湾高速鉄道(新幹線)車内」と「花蓮駅構内」
凱、あまりの蒸し暑さに花蓮駅で鼻血噴出、カメラが回っていたら
『トロッコ』唯一のバイオレンス・シーン!」となるところだった。あせあせ(飛び散る汗)

8月5日 花蓮「南平駅前」
本当にDSに夢中な二人、
孟天下に汗びっしょりで骨壷を抱えて走り回る夕美子、
マイペースな孟堅・・ドキュメンタリーですか?
と言うくらいに皆、そのまんま。

8月7〜8日「おじいちゃんの家」
7月中に一度台風で吹き飛ばされていた、
屋根の修復はかろうじて間に合った。
加えて音楽の川井郁子さんから返事を頂いた。
監督の想いがまた一つ実現した瞬間、
現場の士気がまた一気に盛り上がる。どんっ(衝撃)

8月9日「奉天公廟(寺)」
小鳥が柱に激突し失神exclamation
再び羽ばたき始めた彼(小鳥)の役者魂に感動もうやだ〜(悲しい顔)exclamation

8月10〜11日「おじいちゃんの家」
敦、凱、ついに散髪exclamation
覚悟はしていたものの「自慢の長髪」をバッサリ切られ、
落ち込んだ敦。がく〜(落胆した顔)

8月14〜16日「おじいちゃんの家」
夕美子とおばあちゃん、縁側でのシーン。二人の静かな時間に、
皆が惹き込まれた。

8月17日「走るトロッコ」
運動神経抜群のブライアンに押されてトロッコが疾走exclamation 
敦と凱は“素”に戻ってキャアキャア喜ぶ。わーい(嬉しい顔)

8月20日「おじいちゃんの家の前
夜、山から帰って来た敦・凱を夕美子がぎゅっと抱きしめた。
カメラの後ろで、タオルやTシャツで顔を拭うスタッフ続出、汗じゃないよね?あせあせ(飛び散る汗)

8月22日「おじいちゃんの家」
日本にお帰りなさい・・。
夕美子の万感胸に迫るこのシーンを演じ切り、尾野真千子さん撮影すべて終了。

8月28〜30日「山の中のトロッコ」
宜蘭県に移動し、太平山の中で「トロッコの旅」撮影。
現場は足場の悪い旧線路の上を2キロほど山奥に入ったところ、
皆で子供たちの手を引いて行く。
撮影中に凱を乗せたトロッコが脱線、崖から落ちそうになり、
一同悲鳴exclamation
冷静だった子供たち・・本当によく頑張ってくれた。
30日、日没と同時にクランクアップ。
posted by トロッコスタッフ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記